八王子で注文住宅を建てるならこの会社!ランキング
HOME » 知っておきたい注文住宅の費用あれこれ » 資金計画について

資金計画について

八王子で注文住宅を建てる上で重要になる資金計画について解説します。

注文住宅づくりに必要な資金を確認しましょう

八王子で注文住宅を建てようとしている場合、どれぐらいの資金を用意すればよいのだろうと悩んでしまうことは多いはずです。しっかりとした資金計画をたてておくことは、注文住宅を建てる際にとても大切なことになってきます。

家を買うときに全額現金で購入できる人はほとんどいません。ローンを組むのが普通ですが、それでも自己資金をいくらか用意する必要があります。

住宅ローンで借入可能なのは、購入価格や建設費の80%までが一般的です。そのため、住宅購入資金の20%程度は自己資金として用意しておく必要があります。

住宅を購入する際には、頭金が住宅購入資金の2割、プラス住宅ローンの諸費用が必要になると言われています。手持ちの資金をすべて住宅購入の頭金にすることは出来ませんので、まずはどのくらいの額が住宅購入の資金に充てられるかを考えてみましょう。

親からの資金援助を受ける際の注意点

自己資金が足りない場合は親からの支援なども考えてみましょう。親・祖父母からの援助資金でも、その額が1年間に110万円を超えると贈与税が課税されます。そのため資金援助ではなく、親から借金をする方法もあります。

税務署に贈与とみなされないように、きちんと契約書を作成して、銀行振込みなどで返済の実績を残しておけば問題はありません。この際の金利は住宅ローンの相場よりも低く設定しても大丈夫です。

このように、注文住宅を建てる時は、頭金の自己資金だけでもさまざまな方法で用意することができるので、資金計画をたてることがとても大切になってきます。どの程度の費用がかかるのか、どれぐらいの資金が必要になるのか、しっかりと考えるようにしましょう。

八王子の注文住宅でおすすめの会社ベスト3

1位イイザワ建築企画

八王子の注文住宅会社・イイザワ建築企画について詳しく

2位福安工務店

3位石田工務店